updated date : 2017/02/24

板室温泉ONSENRYOKAN山喜 2016年12月(1)

2016年12月。
山1612101
東京駅からわずか1時間で那須塩原駅に。送迎を頼んであるので、駅前に移動。

山1612102
20分くらい送迎車に揺られて、到着。
4年ぶりの 板室温泉ONSENRYOKAN山喜 さん。お宿まではラクちんです。

とはいえ・・・・・・



この翌月、つまり2017年の1月に鴨ミールさんが行かれていて、記事をアップ中なので、そっちをご覧いただく方がいいんじゃないかと。以下はウチの単なる記録ということで・・・・

山1612103

山1612104

山16120105
玄関を入って、

山16120110
右にロビー空間。

山16120112
ここで料理長お手製のきなこのお菓子。くず餅みたいな感じ。そこに熱い抹茶。

山16120115
薪ストーブにも火が入り、

山16120118
冬にしては暖かな日でした。

山16120120
2Fへ移動し、

山16120123

山16120124
一番奥の梅という部屋。一番お安い部屋です。

山16120126
4年たっても、あまり変わらず。劣化したようには見えませんね。相変わらず快適な床暖房です。

山16120128
ロビーからお風呂への導線。

山16120129
その最奥に貸し出し用まくらがいろいろ。

山16120130
4年前との最大の相違は、脱衣処にバスタオルが置いてあって、使い放題になっていたこと。こりゃーありがたい。ふつーのタオルは部屋から持参します。

山16120131
もちろん、変わらず、風呂上がりの冷水も飲めます。

山16120132
洗面を抜けて、

山16120135
浴室へ。

山16120136
何やら、えー感じの桃のかほりがするシャンプーがありました。

山16120139
ちょいと温めの源泉がわんさか掛け流し。やわらかいお湯に癒やされますねぇーー

山16120140
立湯も相変わらず。

山16120142
露天風呂の端には蓋が重ねてありました。気温があまりに下がると、蓋をする必要があるのでせうね。

山16120145
夜にはライトアップされた様子もくっきりと。なかなかいい風情でした。
スポンサーサイト