updated date : 2017/03/25

湯布院温泉ゆふいん月燈庵 2017年1月(3)


屋根付き渡り廊下を奥へと進むと、
ゆふ301
やがて別館エリアへの入口。別館エリアは、別館宿泊者しか入れないとのこと。

ゆふ302
本館エリアからは階段で相当下がっていきます。

ゆふ303
すると見えてきたのが渓酔居という建物。本館側から行くとまずは2Fに入り口あり。

ゆふ304
夜になるとこの廊下はこんな感じ。

ゆふ305
渓酔居の2Fから入ると、別館専用の個室風食事処。

ゆふ306
個室風ですが天井はつながっているので、隣の声は聞こえます。こういう部屋がいくつか並びます。

ゆふ307
個室風の部屋の前に、コーヒーなどの用意があり、いつでも自由に飲めます。利用者が限定されているからか、ここではいつでも過不足なくコーヒーなどが飲めました。食後のコーヒーはここで各自セルフで。

ゆふ308
そして、このテーブルからは正面に別館の傘亭と時雨亭が見えます。館内一の変わった造りの部屋ですね。その手前に湘南亭も。

ゆふ309
ちなみに個室風の部屋の隅の様子。お昼頃にちょっと撮ってみました。ウチが利用したのはこの部屋じゃないですが。

ゆふ311
階段もしくはエレベーターで1Fへ。

ゆふ316
そこにも個室風食事処が2カ所。

ゆふ312
あとはトイレとカウンター。

ゆふ313

ゆふ314
カウンターもなかなかいい感じですね。

ゆふ320
ここから渓酔居を出て、

ゆふ321
外側へ。またも屋根付廊下を。

ゆふ322
湘南亭を横目に、

ゆふ323
さらに階段を降りて、松琴亭のある高さを過ぎて、

ゆふ325
ようやく一番下のエリアに到着。この高さに、貸切露天風呂と笑意軒、孤篷庵、残月亭という3棟があります。

ゆふ326
そしてその前には中庭。ひたすら降りてきたことが実感されます。
スポンサーサイト