updated date : 2017/08/18

新穂高温泉麓庵民宿たきざわ 2017年7月(1)

2017年7月。去年とまったく同じ行程で、、、
たき17101
渋滞続きの中央道をなんとか通過。諏訪SAで、すでにヘトヘト、、、、

なんとかお昼に着きそうだということで唐沢そば集落へ。一番奥あたりに位置するお店に入ったのですが、、、
たき17102
天もりとやまっち蕎麦を。やまっち蕎麦は蕎麦のように細い長芋が載るお蕎麦。
この店、蕎麦はたしかに美味しいけど。。。あまりに出るのが遅いし。。。さらに。。。
他のテーブルには蕎麦湯が出たのに、こちらには出ず。完全に忘れられた・・・
のみならず、天もりの天ぷらも忘れられ、挙げ句、精算では平気で天もりの金額を請求される始末・・・
蕎麦の味以前の問題。他のお客のほうでも注文品が忘れられていた。。。鷹揚という言葉で許されるレベルにあらず。
他にもここには書けないことも起きて。。。。こんな店が淘汰されないのは問題だと思うが。
二度と行かないのはもちろんのこと、本当に無駄な時間を過ごした。あーーグチグチ書きたくなるレベル。
混んでいてもいつも通り根橋屋さんにしておけば良かった。


たき17103
予想外に時間が無駄に過ぎたので、どこにも寄らずお宿に直行。平湯から福地へと向かう下り坂はかなり急勾配だねぇなどと脳天気に運転していたら、、、、道路の中央で横転した車・・・・ひゃあーー
警察が交通整理し始めていたので、おとなしく横を通過。

そして14:50にお宿に到着。
たき17104
去年も泊まった 新穂高温泉民宿たきざわ さん。15:00前なのに快く部屋に入れてくれました。蕎麦ですさんだ心に染み入るあたたかさかな・・・

たき17107
玄関の雰囲気も相変わらず。

たき17108
たき17109
部屋は去年と同じ。だから簡単に。

たき17110
今年も窓から焼岳が見えました。

以下、温泉も簡単に。すべて貸切利用。まずは内湯。大きい方。
たき17111
札を裏返して入口へ。

たき17113

たき17114
明るくて大きな湯船。湯船からは大量のお湯が掛け流し。結構熱めですが、気持ちの良い温泉です。かほりも堪能できますよ。

たき17115
小さい方の内湯は、浴槽が半分くらいかな・・・

続けて露天風呂。まずは玄関に近い方、すなわち手前。
たき17118
ここも落ち着くね。

たき17119
湯船から見た脱衣場。簡素でも十分。

奥の露天風呂は上の露天風呂の背中合わせ。
たき17120
こっちのほうがしっかりした入口。

たき17122
2人で利用するのが申し訳ないくらいの広さ。じゃぶじゃぶ掛け流しです。露天はちょっと温めの適温。というか、これだといつまでも入っていられるから困ります(笑) 1回、30分程度というのがお宿の方針ですから・・・
スポンサーサイト