updated date : 2017/09/20

峰温泉玉峰館 2017年8月(3)

夕食は17:30、18:00、18:30の3択。早い時間なら窓際の座席をご案内できますがと説明あり。でも迷わず18:30を選択するウチは・・・?
玉峰1707401
食事処に着くと座席に案内され、窓際席のテーブルを眺めざるを得ないテーブルに。お酒はいきなり日本酒。風呂上がりに部屋で缶ビールを飲んじゃったので・・・
米沢の地酒雅山流を。お猪口は錫製。だからずっと冷たい。これ、お土産物売り場にあった。高くて仰天。まぁ錫だから当然か・・・

お酒や魚・肉料理の選択肢が多すぎてしばし、いやかなり悩む。悩ましい。それらが決定すると、
玉峰1707402
先付「花鳥風月」が登場。立体的だ・・・

玉峰1707403
黒胡麻豆腐はぷるぷる濃厚。

玉峰1707404
穴子の揚げたものに大根おろし。ちょっと酸味。南蛮漬け的?

玉峰1707405
味が付いてるズッキーニや海老の上には豆腐と白胡麻を混ぜた白餡。

玉峰1707406
カボチャとかパプリカとかエンドウとかトマトに雲丹とちょいと酸味があるトマトジュレソースがかかったもの。

玉峰1707407
四角いガラスには、柴漬けが刻んで入っている鯵が載る寿司風。柴漬けがいい仕事してますなぁ。変わり寿司って感じ。

玉峰1707408
大葉とか柚子とか載ってます。

玉峰1707409
四角いガラスを除けると、下には茶席でも使用可能な木炭。キレイな菊の断面。台座という飾りだけなのがもったいないくらい。どれもこれもただただ美味しい。感想なんて、そんなもん。それで十分。日本酒がくいくいっと。

玉峰1707411
ちゃんと進み具合をみて、中皿「西京PICCATA」。白ワインとバターのソース。

玉峰1707412
湯ヶ島産大尼子の西京味噌漬けを、ほんのり火入れしたものがメイン。そこに枝豆、空豆、イクラ。ソースと尼子が抜群の相性。妻はこの料理がイチオシ。

玉峰1707415
お椀「玉蜀黍のカタチ」。料理名も凝っている。

玉峰1707416
冷たい玉蜀黍のすり流しの下には、

玉峰1707417
鰹出汁のジュレが潜む。固まったジュレがスプーンで浮上。美味しいけど、7月の金宇館さんで食べた玉蜀黍のすり流しには負けたような。あの印象が強かったので、ちょいと不利。

玉峰1707418
揚げ玉蜀黍には土に見立てたソイソルトを添えて。甘い、甘い。

玉峰1707420
お造り「納涼」。裏メニューのドライチリ酢が右端に。あとは煎り酒と土佐醤油。裏メニューは望まなければ出てきません。

玉峰1707421
お造りも立体的な盛り付け。

玉峰1707424
鱧の湯引きは、鰹出汁で味付けした梅干しをちょいと崩して載せて煎り酒で。

玉峰1707425
〆鯖は脂ノリノリ。醤油がいいね。

玉峰1707426
鮪をチリ酢で食べたら・・・チリソース味。

玉峰1707427
鯒をチリ酢で食べたら・・・パクチー味。刺身によってタレのどこが引き立つか、それぞれ。そんな多様性の楽しみ。

魚料理は、鰻と冬瓜のスープ煮~薬膳仕立て~/稲取産金目の炭焼き 桜海老のソース 又は稲取金目煮付/かますと蝦夷鮑・夏野菜のグリル~夏の緑々ソース~、以上の実質4種から選択。で・・・
玉峰1707430
妻は金目の炭焼き。

玉峰1707431
桜海老90%とムール貝のソースが濃厚な海老味。妻はこれは無敵と絶賛。ちょっともらったけど、美味かった・・・

玉峰1707434
私の方は横長のお皿で。かますと蝦夷鮑。

玉峰1707435
横からみると不思議な感じ。

玉峰1707436

玉峰1707438
かますと焼き目の付いた蒸し鮑とが交互に積まれた一品。ほろほろかますと柔らか鮑。そこに大葉や茗荷、胡麻油、その他いろいろと混ぜた緑のソースが斬新だねぇ。どっちも2切れずつ。もっと喰いたい・・・くらいがちょうどいいのかな。

肉料理は、和牛もも肉のステーキ~三種のソースと共に~/和牛ロース肉冷霜雲丹包み~特製檸檬醤油~/京鴨と夏野菜の治部煮~天城本山葵添え~、の3種から選択。で・・・
玉峰1707440
2人とも雲丹に釣られて和牛ロース肉の雲丹包みに。

玉峰1707441
60度でしゃぶしゃぶしたロース肉に雲丹がたっぷり包まれ、そこに山葵、レモンソース、ポン酢ジュレが。セロリの葉が上に載ってましたが、そんなかほりは吹き飛ばす甘さと雲丹の濃厚さ。とにかく甘い、甘いっ♪

玉峰1707444
そしてお食事「は・も・う・め・し」。

玉峰1707445
つや姫ごはんを、鱧と梅干し、鰹出汁で炊いたもの。三つ葉がしっかり利いてます。

玉峰1707446
おこげも出来てる。漬け物は山芋、カボチャ、胡瓜、壬生菜、柴漬け。別に山葵入り松前漬け。これが美味い♪

玉峰1707448
デザート「momomomomomo」。べつに遊んでいるんじゃありません。そういうネーミングなんだから。

玉峰1707449
ネーミングからすると桃の三重奏? 上には桃のシャーベット、その下にコンポート、さらに下にはムース。桃好きにはたまらん魅惑。これにて〆。なんとも満ちたりた時よ・・・・



玉峰1707451
夜食も1人分だけ頼んだので、部屋に届く。どういうわけかお握りが2つ。多くないか?

玉峰1707452
でもボトルに入った出汁をかけて、うまうまのお茶漬けにして食べちゃった・・・お腹一杯だよ・・・もう寝るのに・・・
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

遠霞さん、こんばんは~。

行かれた方が全員絶賛する宿・玉峰館さん、
やっぱり遠霞さんも絶賛ですね。
あの広い露天風呂はかなり魅力的です。
貸し切りもいい雰囲気ですね。
そして、料理!!!
先付けから魅力的ですねえ。
その後の料理も、見せ方も内容も
素晴らしいです~。
色々選べるのもいいですね。
最後のデザートまで手抜き無しですね。
スゴイですねえ・・・。

Re: 遠霞さん、こんばんは~。

鴨ミールさん、おはようございます。

> 行かれた方が全員絶賛する宿・玉峰館さん、
> やっぱり遠霞さんも絶賛ですね。

そうですね~。こちらはどこにも不満がないお宿で、感想は多くの方々と同じでした。
抜群の魅力で、とにかく満足した、という感じです。すべてが揃ってますね。

> あの広い露天風呂はかなり魅力的です。
> 貸し切りもいい雰囲気ですね。

露天風呂はとにかく広いです。いつも1人でしたが、あまりに勿体ない気がする、それくらい大きいです。
この露天風呂の場所は、創業時の浴槽のあった場所らしく、大噴塔に隣接した大きな浴槽だったようです。
その場所をそのまま使っているんだと思います。
貸切も充実していますし、予約できるので、争奪戦にならず、ゆっくり利用できました。
ちゃんと片付けてあるのも、さすがでした。

> そして、料理!!!
> 先付けから魅力的ですねえ。
> その後の料理も、見せ方も内容も
> 素晴らしいです~。
> 色々選べるのもいいですね。
> 最後のデザートまで手抜き無しですね。
> スゴイですねえ・・・。

お料理は、、、とにかく悩ましいです。選べるメインが多いし、どういうものが出てくるのかわからないので、
かなりの時間悩みました。
そして斬新な盛り付け、もちろん美味しいというのもさすがです。温泉もよくて食事も抜群、部屋もまったく問題のないお宿・・となると、これ以上は望めないなぁという感じです。
みなさん同様、ウチも絶賛です。もちろんいつかは再訪したいです。値段はかなりお高めですけど。

玉峰館さんレポ、楽しみにしておりました~( ・´ω`・ )
お夕食がますます洗練されたというか・・・
器や盛り付けが華やかになってる気がします。
豪華な先付に目が釘づけ♪
お肉料理にフォアグラ味噌の牛ヒレがなくなったのは残念ですが
牛ロースの雲丹包みも実に美味しそうですー。
キラキラした料理名といい、料理長さんの遊び心と創作意欲がビシバシ感じられました(笑
河津はちと遠いのがネックですが、何度も通いたくなるお宿です♪

Re: タイトルなし

うひひの日さん、こんばんは。

> 玉峰館さんレポ、楽しみにしておりました~( ・´ω`・ )

あ、、いや、そんなほどのものではなく、単に行ったぞという備忘録ですいません。

> お夕食がますます洗練されたというか・・・
> 器や盛り付けが華やかになってる気がします。
> 豪華な先付に目が釘づけ♪

こちらのお宿の夕食はとにかく見た目も重視されているみたいで、
素晴らしいですよね。華やかさの度合いは、けっしてうひひの日さんが
行かれた頃より勝っているかはわかりませんが、とにかく美しいものでした♪

> お肉料理にフォアグラ味噌の牛ヒレがなくなったのは残念ですが
> 牛ロースの雲丹包みも実に美味しそうですー。
> キラキラした料理名といい、料理長さんの遊び心と創作意欲がビシバシ感じられました(笑

牛ヒレ、牛ヒレ・・・と、うひひの日さんのトコで予習して速攻で頼もうと思っていたら・・・
そういうメニューがなかったのは衝撃でしたが、そしてそれ故にさらに悩ましい時間が、過ぎ去ったんですが、
どれでも美味しいのかも・・・と思うほど、ウニ入りのお肉は甘くてウマウマでしたー
料理長さんは、ホントいろんな仕掛けをなさるんだなと思いました。
しかも美味しい仕掛けを・・・

> 河津はちと遠いのがネックですが、何度も通いたくなるお宿です♪

間違いなく、河津は遠かったです。単純な移動距離的にはすみれさんのほうが遠いのに、
ウチからはすみれさんより遠く感じる場所です。
でもそんな場所でこんなお料理に出会えると・・・格別で、ここなら行こうと決心できます。
2月に桜を目出つつ行きたいなあと思いつつ、でも物凄く高くなるので悩ましい・・・
桜の時期を避けて、必ず再訪したいなあと前のめりで思うお宿です。
再訪は確実です♪

遠霞さん、初めまして。

うひひさんのところから飛んでまいりましたm(_ _)m

うひひさんのレポに魅了され、少し先に玉峰館さんにお邪魔する予定で、
遠霞さんのブログも実は楽しみにしておりました。
現地でのお楽しみを考えてあまりじっくり読まずになんて失礼なことを思いながら。。
その実夢中でじっくり読んでしまいました♪
温泉もお食事も素晴らしそうで訪問が今から楽しみです♡

またこれからもお邪魔させていただきますm(_ _)m

Re: タイトルなし

yumiyumiさん、こんばんは&はじめまして。

> うひひさんのところから飛んでまいりましたm(_ _)m

わざわざこのような辺鄙なブログにコメントいただきまして、ありがとうございます。
うひひの日さんのような華やかさが、このブログでは皆無なので、わざわざ見ていただいたことに感謝です。

> うひひさんのレポに魅了され、少し先に玉峰館さんにお邪魔する予定で、
> 遠霞さんのブログも実は楽しみにしておりました。
> 現地でのお楽しみを考えてあまりじっくり読まずになんて失礼なことを思いながら。。
> その実夢中でじっくり読んでしまいました♪

あ。うひひの日さんのレポは、魅了されるほどの美しさと気品と、ていねいな感想が溢れていますが、
ここはもう私の個人的感想ばかりなので、斜め読みがちょうど良いかと思いますー。
じっくり読んではなりませぬ。
そして、玉峰館さんにもう少しでご訪問の予定なのですね!
うーーーん、羨ましいとしか・・・
お料理は季節ごとに変化するようですから、きっと新しい楽しみ、わくわく感があるんじゃないかと思います。
盛り付けも美しいお料理は、絶対写真に撮りたくなりますよ♪

> 温泉もお食事も素晴らしそうで訪問が今から楽しみです♡
> またこれからもお邪魔させていただきますm(_ _)m

玉峰館さんはきっと素晴らしい滞在になるものと思います。
ただただ満喫されることを祈念しております。
コメント欄を閉じることが多いこんなブログで宜しければ、いつでも歓迎しております。
ご訪問いただけるだけで幸いです。今後ともよろしくお願い申し上げます。