updated date : 2017/11/05

遠刈田温泉旅館大忠 2017年9月(3)

大1709300
翌朝は雨。

大1709301
朝食。最初に牛乳やらサラダやら取ってきて。この日は朝カレーなし。だから葱と揚げの煮物。サラダが個別に分かれていたのは変化。

大1709302
いつものプレートが運ばれますな。

大1709303
大1709304
魚は西京味噌漬けじゃないかな。おかずが多すぎるので、明太子は贅沢に一口で。対応するごはんも一口。

大1709305
すんごく美味しいおくずかけ。隣のシーシークチュクチュオヤジは、味噌汁がいいと宣う。

大1709306
最初は炊き込みご飯。

大1709307

大1709308
おばんざいからは、きゅうりの浅漬けとひじきの煮物、温泉卵のみ。もう、じゅーーぶんです。隣のシーシークチュクチュオヤジは、おばんざいを取りに行くと、取り皿がないと従業員に宣う。バイキングで出てくるみたいな大皿とか、何種類も載せられる皿しか想像できんのか?? 小皿がたくさん用意してあるじゃろうに。どこ見てんじゃ。

大1709309
大1709310
これが朝の逸品なり。A5ランク仙台牛の希少部位ザブトンが1人2切れ。目の前で、バーナーで炙る、ほんの少しね。あとはわさびと醤油で。これは・・・そう・・・・

大1709311
白米に・・・・おーーーん・ザ・らいす!(またも元祖でぶや風)。

大1709312
最後にデザートとコーヒーで〆。

大1709313
アロエの蜜煮。色が赤いのはラズベリーのせいらしい。蜜煮は透明とのこと。

相変わらずシーシークチュクチュオヤジは無自覚なまま我が道を行く。前日からこれだけが憂鬱だったけど、どうにもならん。向かい側で食べているそのオヤジの妻は気にならんのか?? 完全な麻痺状態なのか?? それとももはや愛すべき音なのか??

大1709314
チェックアウト時にパンがもらえた。これって昔はあったけど・・・復活なの??

大1709315
帰路は買い物しつつ、白石ICから東北道へ。那須高原SAでりんどうらーめんを喰って、羽生ワンストップで帰宅。

大1709316
家では、川西町で買った薄皮茄子の漬け物で運転疲れを癒やす1杯。あとは爆睡。
スポンサーサイト