湯河原温泉オーベルジュ湯楽 2017年12月(1)

遠霞

-
2017年12月。またの呼び名を用いれば、クリスマスっていう時期。
湯楽17101
降り立ったのは湯河原駅。蕎麦屋の入口が改装されている。それを横目に歩き出し、

湯楽17102
五所神社を通り過ぎて、

湯楽17103
まだまだ上る・・・

湯楽17104
歩いて40分・・・本日のお宿 湯河原温泉オーベルジュ湯楽 さんに到着。このルートを歩く人はあんまりおらんだろ・・・

湯楽17105
クリスマス限定イタリアンをいただこうという趣向。

湯楽17110
湯楽文庫でチェックイン手続き。

湯楽17111
嫌になるような急階段をひたすら・・・

湯楽17113
部屋は最初に泊まったときと同じ301。だから端折って、

湯楽17114
きび餅があるのもいままで通り。

湯楽17116
湯楽17117
部屋風呂には7割くらいの源泉がすでにスタンバイ。自分で入れるのではなく、こういう準備はありがたい。でも熱すぎてもちろんすぐには入浴できず。冷めるのを待つ。冷たくなるまで放置しても、源泉をドバドバ入れれば、数分で適温になる。ありがたい源泉100%。

最初の男湯から。
湯楽17118
古代檜風呂。ここは部屋から異常に近い。

湯楽17120
今回はどちらの湯船も適温。加水しているんだろうな。小さい湯船も適温なのはありがたい。ここは23:00まで。

翌朝6:00からの男湯は、
湯楽17122
一番下にある、遠くて遠くて難儀する浴室。

湯楽17123
でもここは源泉100%掛け流しだし、広いから文句なし。初めて打たせ湯みたいになっていた・・・
湯気ぼーぼーなので写真は上手くいかない。

あとは貸切。
湯楽17125
今回は夕食前に利用。石風呂のほうね。

湯楽17127
内湯的浴槽は3人が限界の大きさながら、貸切なら十二分。

湯楽17128
露天はいいとこ2人。

湯楽17129
間仕切りのガラス戸を開けると、内湯も半露天に。もう一つの貸切である巨大露天もいいけど、いいんじゃいないかこのお風呂は♪
関連記事
スポンサーサイト
Posted by遠霞