FC2ブログ

遠霞

遠霞

-
てきとーながら温泉編。
草円1810
食事処の脇をずずっと進むと大浴場。

草円1811
独自源泉が飲める。ちょいと鉄分、塩気。

草円1812
洗い場が独立していて、サウナチックな場所も。

草円1813 (1)
そしてここが一番のお気に入り、半露天の大浴場。

草円1813 (2)
源泉は熱い。それがじゃぶじゃぶ。

草円1813 (3)
ただただ雪景色。ぼーーっと浸かる。基本的にここばっかり。



草円1813 (4)
女湯は左右対称。



草円1813 (5)
一旦玄関から出て、道路の向こう側へ。そこには貸切風呂。雪深けーー!!

草円1813 (6)
建物内は暖かいけど、外は寒い。凍る。

貸切風呂は昔と変わっていて、さらに3年前とも変化あり。3年前は、内湯はただただぬる湯、っていうか、35度くらいの別の源泉を利用したお湯になっていて、とにかく温まらない。そんなわけで寒い中を露天で温まるという感じだったが、今は湯船が仕切られている内湯に。そんな様子。↓湯口1個が熱湯、2個が温湯。
草円1813 (7)
草円1813 (8)
草円1813 (9)
一番左の貸切風呂の内湯。手前が44度のお湯、奥が35度のお湯。それらがどぶどぶ掛け流し。仕切りを越えてお湯が双方に流れるので、35度のほうももうちょっと温かくなる。44度のほうもそれほど熱くはなく、かなりの適温。快適な内湯に変容したぞ♪ カランなどは昔の通り。湯船の手前に石が敷き詰められていて、以外と足裏が痛い(悲)。内湯の縁は寝湯用に丸くなっている、長湯が推奨される貸切風呂。

同じ内湯の3年前の様子は↓
草円18101
湯船に仕切りがないし、同じ温度のお湯が供給されているのがわかるでしょ?

草円1813 (10)
こちらは3年前というより、ずっと前から変わらぬ、併設の露天風呂。外の露天には雪が積もり、とにかく湯船に至るまでが異様に寒い。だからすぐに退散。

草円1813 (11)
真ん中の貸切風呂の内湯も仕切りあり。ちょっと広くなったような?

草円1813 (12)
右側の貸切の内湯にも仕切り。どこも熱い湯と温い湯を掛け流してある。いい変化だなと。貸切風呂の魅力が復活!

草円1813 (13)
玄関に戻ろうとすると、あっという間に雪が積もる。

草円1813 (14)
積もりすぎて、交通機関が乱れるのは困るんだがなあ・・・


貸切の魅力が復活すると、
草円1813 (15)
もはや大浴場からさらに遠い露天風呂に行くのがイヤになる。それに大雪だし。でも。。。それでも岩湯に行ってみる。

草円1813 (16)
脱衣処から湯船までのルートが雪で・・・ちょいと浸かって温まったら、即退散・・・
釜湯は入ってないので、写真もなし。貸切の様子もいい加減だけど、ま、自分の記録だから、こんな程度で。
関連記事
スポンサーサイト
Posted by