FC2ブログ

遠霞

遠霞

-
6月の温泉旅に続いて、またも東北道から米沢まで高速でススッと。
らーめん18083
そして。1カ月ぶりに、同じ店でらーめんを喰らう。

らーめん18091
このネタはだいぶ前に掲載済みなんで、ちょいと載せるだけ。担々麺と辛塩つけ麺。

ろばた18101
もちろん道の駅米沢にも、1カ月ぶりに。佐藤錦の季節は終わり・・・でも、さくらんぼだらけ。

ろばた18102
国道13号線を北上するばかり。そうなれば酒井ワイナリーさんに寄らないと・・・あったぞ、名子山!



そして蔵王へとひたすら上り道。
ろばた18103
またも霧の中か・・・

ろばた18104
やがて温泉街に入り到着したのは、久しぶりの 蔵王温泉ろばた さん。なんと7年ぶり。

ろばた18106
宿泊棟というか食事処というか、ジンギスカンのお店部分というか、その前に駐車場があって、その左隣に湯小屋と併設の足湯。

ろばた18107
ろばた18109
まだ営業前の食事処を抜けて、2Fの202という部屋へ。扉を開けると左手に洗面所とトイレ。

ろばた18111
ろばた18112
コンパクトにまとまっている。部屋にはジンギスカンのかほりが染みつく。でも安いのだから問題ナシ。だいたいそれを食べに来たんだから、それが嫌なら選択せんだろ、このお宿を。ロフトに上がってみたりはせず。おとなしく泊まる。

ろばた18115
ろばた18116
階段上の「湯」のキーをぶらさげて、裏口からお店の外へ出て、お店の外周に沿うように。

ろばた18117
さすれば湯小屋に入れる。脱衣場も狭いけど、貸切だから問題ナシ。

ろばた18119
浴室手前に2つのカラン。

ろばた18120
正面奥には、目的の湯船。結構大きめ。

ろばた18122
お湯に浸かると、この白濁湯が、沈殿した析出物でさらに白く濁る。酸性の硫黄泉。そして不思議なヌルトロの自家源泉。

ろばた18124
目に入るとすんごく染みるが、加水・加温なしのありがたい源泉掛け流し。ちょっと熱めだけどそれなりに適温なので、堪能しまくった。その代わり、体から硫黄臭がしばらく消えなかった・・・
関連記事
スポンサーサイト
Posted by