FC2ブログ

遠霞

遠霞

-
2018年8月。猛暑。だったら避暑地へ・・・・草津なら高所だから避暑地じゃねえか?? という浅墓な考えで草津行きを決行。
ロッジ18101
外環はそれなりに渋滞。そして外環から関越に入る急カーブで・・・事故。こんなところで事故るなっ、だからこんな渋滞になるんだ、こんちくしょう、と毒を吐いて通り過ぎ、嵐山PAで休憩、駒寄PAから出る。そして、スーパーマンネリを脱出すべく?? 水沢うどんは、かつてよく行った清水屋さんへ。白舞茸の白揚げ(片栗粉のみで揚げたもの)を1つ注文。塩味が付くし、生姜醤油のタレもある。舞茸の味がしっかりわかる美味さ。そして「うむどん」は、中盛り。それほど濃厚ではない胡麻ダレのみが用意される。これだと妻は最後には飽きるらしく、今回も同様。だからウチはのちに松島屋さんに乗り換えることになったのだが・・・。美味しいのになあ、清水屋さんの麺の食感も、胡麻ダレも。

いつもの中之条の町を遠望して、その先へ。
ロッジ18102
ロッジ18103
草津に到着。湯畑周辺をうろつく。銅像のように見えるが人。パフォーマンス。


時間になったのでお宿へ移動。
ロッジ18105
ロッジ18106
お初になる 草津温泉シーダーロッジ さん。

ロッジ18108
中庭が湯上がり後の散策場所として最適かも。やっぱり千葉の暑さとは全然違うねえ。暑いとはいえ冷房ナシでも過ごせる。

ロッジ18110
玄関を入ると右手にフロント、そして食事処が広がる。

ロッジ18113
ロッジ18115
正面に広がる快適空間(この空間の右奥に浴室への扉あり)。明るい、広い。天井の高さがそうした感覚を生み出す要因。冬には火が入るであろう暖炉は、玄関脇にも1箇所。

ロッジ18117
振り向くと玄関方向。階段もまた小洒落た造り。

ロッジ18119
広い空間には椅子がたくさんあって、あっちこっちでのんびりできる。コーヒーやお茶もインスタントながらいつでも自由に。これ、重宝。

ロッジ18121
マッサージ機を使う人が結構いた。自分でも使ったけど・・・

ロッジ18123
部屋は203。赤絨毯が敷き詰められる。スリッパを履くのが面倒、でも履かざるを得ない。ソファに沈み込んでテレビ・・・もいいけど、快適空間についつい出かけて行ってしまう。


続けて温泉。
ロッジ18126
男女別で入れ替わりナシ。夜中も利用可能。脱衣処の籠は5つだったかな。

ロッジ18127
これまた天井が高々。快適な浴室。仕切りの上部が空いているので、男女の浴室を越えて会話が可能。どっちかが勝手にもう一方の浴室も1人貸切状態なんじゃないかと勘違いして声を掛けると、バツの悪い始末に至ることも。

ロッジ18129
カランは2箇所。そして浴槽は狭い。他人とぶつからず、気兼ねせず、ゆったり入るには2人が限度かな。アアルトさんの男性露天よりちょっと奥行きがある程度。ろばたさんの内湯より狭いかも知れない。混まなければ快適。混んだらちょいと大変かも。今回は幸い多くても2人。それ以外は1人でのんびりと。万代鉱源泉の掛け流しでいつも43度が保たれていた。ちょっと熱めだが、ヌルつるが感じられるイイお湯。酸っぱくて、目に入るとすんごく染みるのが玉に瑕。

ロッジ18130
浴室の端に湯もみ板。重そうなので触らず。

ロッジ18133
浴室の出入り口脇に、フィンランドサウナあり。だから窓際に水風呂もある。フィンランドサウナはふつーのサウナよりは快適ながら、やっぱりサウナに対する忍耐力が決定的に欠落しているので、3分と保たずに陥落した。
関連記事
スポンサーサイト
Posted by