FC2ブログ

遠霞

遠霞

-
夕食は18:00開始。
長静1810201
空いているところに着席。瓶ビールで喉を潤しつつ、前菜を待つ。秋の前菜は、、、

長静1810202
長静1810203
きのこしっかり、下の生地はサックリと食感抜群で、なおかつブルーチーズが濃厚にかほるキッシュと、ビシソワーズ(温)。胡椒がしっかり利いたビシソワーズ。

長静1810204
ビールのあとは、しっかり重めのスペイン産赤ワイン。

長静1810205
長静1810206
定番、彩菜。野菜にかけた手間、だから美味い。そして虹鱒も一切れが十分に大きくて、味が濃い。

長静1810207
あれ? いつものシャルキュトリーがないけど・・・と思ったら、太刀魚のアヒージョ。

長静1810208
感銘を受ける美味さ♪ 熱々。オリーブオイルにトマトの旨味が滲み出る。丸っとしたジャンボにんにくのスライスが効果的な風味をもたらす。でも臭いは残らない。太刀魚の身がしっかり分厚くて、食べ応えも抜群。

長静1810209
秋は秋刀魚料理だね♪ 秋刀魚の表現、と題して、4種類の秋刀魚。

長静1810210
焼き物は梅紫蘇焼きって感じかな。もっとも和のテイストを感じる逸品。下の大根が甘い。

長静1810211
マリネは身が大きくて分厚いぞ。生臭さは皆無。酸味は抑え気味で、上品なマリネ。うんまい。下には大根。これも美味い。

長静1810212
ここには抜群のパテが下に。その下にはクスクスらしきものも。パテの美味さは、鮎で実証済みだから言わずもがな。さらに上には燻製が載る。一口目のかほりが・・・・うぅーーーん、たまらん。

長静1810213
おしのぎは、黒毛和牛(A5)のサーロインと白菜。ごはんは妻も私も極少で。和牛を焼いた香ばしさがたまらん。もちろん和牛はあまあま。

長静1810214
肉料理は、やまと豚のルバーブ煮。

長静1810215
豚の肩ロース肉はホロホロ。マッシュポテトも入る。ソースに浸したマッシュポテトが美味い。他の野菜ももちろん美味い。バター風味がしっかり。しつこさじゃなくて、コクだな。だからこそ、しっかり食べ切れた。

長静1810216
お食事は、温かいすだちうどん。すだちでかなり酸味がしっかり。

長静1810217
麺は結構太め。妻は極少、こちらも少なめ。サッパリしているから意外と入る。

長静1810218
プレドルチェはグレープフルーツの氷菓子。これにて打ち止め。最後のドルチェは翌朝へ。

この日は3組。全グループがかなりゆっくりペースなので、南シェフは何度か料理の進み具合を確認に出てくる。きっと予想以上に遅いんだろう。そして、プレドルチェを食べ終わると20:30過ぎ。それでもウチが一番早かった。至福の時は長く楽しんでこそ。
関連記事
スポンサーサイト
Posted by