fc2ブログ
アイキャッチ画像
夕食は18:00か19:15開始か、その2択。到着もそれなりの時間だったので、19:15でお願いする。
ふくみつ501 (1)
時間になると部屋に連絡あり。2階の食事処へ。個室風の部屋だが、隣の声などはよく聞こえる。

ふくみつ501 (2)
このあたりが個々人に用意された分。

ふくみつ501 (3)
食前酒ではなく健康ジュース・グリーンスムージー。甘くはない。

ふくみつ501 (4)
先付は、若竹和え。飛子が散りかけられる。万寿貝、筍、うるい、百合根が混じり合う。若布ソースがかかる。

ふくみつ501 (6)
前菜は春の吹き寄せ。白エビの昆布締め、ボイル蛍烏賊、帆立、蒸し鮑が居並ぶ贅沢品。そこにタラの芽やこごみ、のびるなどの山菜も。ひたすら酒のアテ。

ふくみつ501 (5)
ちょっとご飯も。鯛めしに蕗が載る。

ふくみつ502
漬物も最初から用意される。これも単なるアテと化す。いぶりがっこが定番的に出てくるのがうれしい。ここまでが最初に用意されていたもの。

ふくみつ503 (1)
そこに椀物。胡麻豆腐と甘鯛に空豆のすり流し。

ふくみつ503 (2)
そしてお造り登場。

ふくみつ503 (4)
ふくみつ503 (3)
鮪、真鯛、甘エビ、縞鰺、蛍烏賊。生の蛍烏賊は富山らしさかな。どれも新鮮、うまーー。分厚い縞鰺はたまらんね。

ふくみつ504
焼物は和牛ロースト。マッシュポテトが下に隠れる。蕗の薹のふわふわしたのが載る。南瓜、タマネギ、エンドウ豆が添えられる。

ふくみつ505 (1)
ふくみつ505 (2)
ふくみつ505 (3)
最初から用意はしてあったのだが、結局最後になったのが、海鮮源泉蒸し。蒸し鮑とか蟹・海老など具材は豪華。これをポン酢か胡麻ダレで。関西系のポン酢なので、魚介にはいいね、ポン酢。野菜はほとんど胡麻ダレで食べた。

ふくみつ506 (1)
ご飯と味噌汁はオープンキッチン的なところから各自で持ってくることになっているので、

ふくみつ506 (2)
ご飯はパスして蟹の味噌汁のみ。味噌汁は赤出汁、蟹汁、魚のアラ汁から選択可能。

ふくみつ506 (3)
デザートはチーズケーキとベリーアイス。コーヒーも自分で持ってくる。こうして終了。美味しいものしか出なかった。これは絶対に飲み過ぎるアテばかり。腹一杯で寝る前のお茶漬けなんぞ無理・・・という幸せ。
関連記事
スポンサーサイト



遠霞
遠霞

温泉に行くこと、飲んだくれること。それのみが楽しみ。